2011年01月28日

手順

1. データを移行する前にUWSCとEBStudioをダウンロードし、インストールしておきます。

2. BookshelfBasicNew.uws(スクリプト)とtest.htmlをダウンロードしてください(テキストファイルとHTMLファイルですが、心配な方はウイルスチェックを)。BookshelfBasicNew.uwsがUWSCで使用するスクリプトで、test.htmlがデータの移行先のHTMLファイルです。

3. 新しいフォルダを作成し、BookshelfBasicNew.uwsとtest.htmlを適当なフォルダに移動します。

4. test.htmlのtestを別の名前に変更し、テキストエディタで開きます。
<dl>と</dl>の間にカーソルを移動します。
<dl>
←ココ
</dl>


5. BookshelfBasicNew.uwsをテキストエディタで開き、「PUBLIC SeikeiSubRoutine = 1」の数字を国語辞典なら「1」のままに、英和なら「2」、「和英」なら「3」に変更し、上書き保存します。

6. Bookshelfを起動し、[辞書]→[国語辞典]の順に選択します(国語辞典の場合)。一番最初の項目(国語辞典の場合は「ア」)をクリックします。

7. UWSCを起動します。

8. UWSCのいちばん左のアイコン([読み込み])をクリックし、BookshelfBasicNew.uws を選択して[開く]をクリックします。

9. UWSCの真ん中のアイコン([再生])をクリックすると、データの移行が始まります。
手動で中断する場合は、F12 キーをしばらく押します(終了するかどうかを確認するウィンドウが表示されます)。

10. Bookshelfが強制終了した場合は、ビープ音が鳴り、HTMLファイルに以下のように表示されます。
<dt>項目</dt><br>
<dd>内容</dd>
空行
|←カーソルはココ

Bookshelf を起動し、直前の項目をBookshelfに入力して検索し、エラーになった項目を表示します。「項目」を削除し、検索語入力ボックスの文字列をコピーして<dt>と</dt>の間に入力します。「内容」を削除し、本文をコピーし、<dd>と</dd>の間に入力します。

11. 移行処理を再開するためには、</dl>の上にカーソルを置き、手動で入力した項目の次の項目を選択して、UWSCの真ん中のアイコン([再生])をクリックします。

12. 処理が終了したら、EBStudioで EPWING に変換します。

posted by snafkin at 14:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。